walkins movement / ウォーキンズ 歩く観光案内所

English | Japanese

walkins movement / ウォーキンズ 歩く観光案内所
ウォーキンズとは?
walkins = walking information
walkins(ウォーキンズ)は walking infomation をあわせた造語です。
歩く(=動く)案内所」という意味を込めました。

日本でも駅前などに観光案内所がありますが、海外でも「i」マークを掲げた「information」が設けられ、その街の観光情報などを案内してくれます。
ここでいう案内所は政府や自治体などの公機関が設置したもので、案内所という動かない施設として存在しています。
観光客が案内を受けるためにはわざわざ観光案内所(information)に足を運ばなければなりません。
また案内所を増やすには大きな経費を要します。

そこで我々はその街(あるいは地域、国)に住む人自身が案内所になれないのか、と考えました。
観光案内所(information)に足を運ばなくても、さらには観光案内所(information)自体が存在しない地域においても、案内してくれる人さえいれば、観光客はいつでもどこでも案内を受けながら旅することができます。
さらには人と人との交流も生まれます。

英語に「walking dictionary」(=生き字引)という言葉があります。
この言葉をヒントに、市民・国民自身が案内所となり、案内所自身が歩く(=動く)の意味で「walking information」という言葉を編み出し、「walkins」(ウォーキンズ)のアイディアを生み出しました。

ウォーキンズ・マークを着けて、さあ道案内!
walkins(ウォーキンズ)のアイディアは至ってシンプルです。
ウォーキンズ・マークを身につけることにより、「私はあなたが困っているとききいてくれれば、道案内などをします」という意思表示をするのです。
あとは案内を求められたら、親切に応じてあげるだけです。

ウォーキンズ・マークはTシャツや帽子、缶バッジ、ワッペンなど人の身につけるものだけでなく、ステッカーや幟、のれんなど店舗・施設につけるものも用意します。
街のお店がウォーキンズに協力していただければ、行政がお金をかけて案内所を設けるよりも、遥かに多く草の根の案内所をつくることができます。そこには来店機会という、お店にとってのビジネスチャンスも自ずから生まれてくるのです。